動物園の薬剤師求人

動物関連薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 動物園の薬剤師求人

動物園の薬剤師求人

動物園の薬剤師は、動物園の動物が病気になった時に獣医師と協力して薬を飲ませたり、動物たちが普段から健康に過ごせるようにサプリメントを使って餌の配合を工夫したりするのが仕事です。たくさんの動物が集まり、しかも貴重な動物がたくさんいる動物園では、伝染病の流行などは許されませんので、普段から慎重な健康管理が行われます。基本的には獣医師が常駐する動物園が多いので、薬剤師は健康管理という面での仕事が多くなる傾向があります。

しかし、動物園で働く薬剤師の求人というのは、非常に少ないのが現状です。実際のところ、獣医師が複数いることも多い動物園では、薬の処方も獣医師が行えるため、必ずしも薬剤師が必要なわけではありません。そもそも、動物園というのは非常に求人の出にくいところで、欠員がでたら補充する形でしか定期採用を行わない動物園も多いので、動物園で働きたいと思っても、とりあえず他のところに就職して空きが出るのを待つ形になるでしょう。

そもそも、動物園の数というのは非常に少なく、現在国内に100もありません。どこに住んでいる場合でも、家か通える範囲の動物園となると数カ所に限られることからも、動物園の数の少なさはわかるでしょう。しかもその動物園で働く薬剤師はせいぜい数人ですから、非常に門の狭い世界です。薬剤師としてではなく、一般の職員として働くのも難しいと言われています。

こうした動物園で欠員が出た場合にも、一般の求人情報誌などに載ることはほとんどありません。薬剤師の欠員募集の場合は、薬剤師専門の転職エージェントで非公開求人で行われる場合も多いので、とりあえずリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師などのエージェントに登録はしておくべきでしょう。担当のアドバイザーに、動物園の求人に応募したいという希望を伝えておけば、非公開で募集があったさいに声がかかる可能性があります。

とはいえ、動物園は動物の種類が多く、珍しい動物もたくさんいるので、その健康管理はかなり難しい仕事です。犬や猫が大半の動物病院と違い、ゾウやキリンはもちろん、場合によっては爬虫類なども管理することがあります。いくら勉強してもすべての動物のエキスパートになるのは難しいため、その都度調べたり、常に新しい情報を仕入れるなど、仕事に就いてからも努力が必要になるでしょう。それだけに、やりがいも面白味もある仕事なので、就職が難しいのは確かですが、希望するひとは諦めずに目指してみてはいかがでしょうか。

薬剤師転職サイトを比較 〜動物関連の求人も見つかる!〜

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 動物関連の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.