動物関連の薬剤師の採用情報が少ない理由

動物関連薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 動物関連の薬剤師の採用情報が少ない理由

動物関連の薬剤師の採用情報が少ない理由

ペット好きの薬剤師に人気の高い動物関連の薬剤師職ですが、求人の数としては決して多いものではありません。そもそも、そういった薬剤師を必要とするような大規模な動物病院や動物園そのものの数が限られていますし、一つの施設に必要な薬剤師の数もごく少数。確かに人間の薬剤師とは違う面もあるので慣れるまでは大変ですが、基本的に動物好きの人が就いているのでモチベーションが高く、離職率も低い職場です。そのため、どうしても求人数そのものが少なくなるのです。

動物病院で薬剤師の募集が少ないのは、基本的には獣医が薬の処方を行うため、小さな動物病院では薬剤師を必要とすることがないからです。大規模な動物病院で業務の効率化を図る場合には薬剤師が採用されて働くこともありますが、やはりどちらかというと薬剤師のいない動物病院のほうが多いでしょう。そうなると、薬剤師の働く場所が非常に限られてくるのです。それ以外には、動物用の医薬品メーカーでの開発、販売などの仕事がありますが、いずれも数としてはそれほど多いわけではありませんから、簡単に見つかるものではないでしょう。

一方、以前は動物向けの医薬品の販売は誰でも可能だったのですが、薬事法が改正されたことによって動物向けであっても医薬品を販売する店舗には薬剤師や登録販売者を置かなければならなくなりました。つまり、普通のペットショップでペット用の医薬品を販売できていたのが、薬剤師がいないと販売できなくなってしまったのです。こういったショップの薬剤師募集は徐々に増えており、現在では動物病院に比べると多いのではないでしょうか。

とはいっても求人の数自体は、他の薬剤師に比べても圧倒的に少なく、転職サイト情報誌などで探していても目にすることはほとんどないでしょう。気長にそうした情報をチェックするか、マイナビ薬剤師や、リクナビ薬剤師などの転職エージェントを利用するという方法もあります。こうしたエージェントでは、登録後に担当アドバイザーに転職についての希望を伝えることができるので、動物関連の仕事をしたいということを伝えておけば、未公開求人でもそういった求人があった時に紹介してもらえて便利です。

また、動物向けの薬剤師となると、人間用とは薬の量も内容も違うケースが多く、覚えるべきことがたくさんありますので、転職前から勉強しておくとよいでしょう。動物薬剤師の知識を身に着けていることをアピールすることで、求人があった際に採用されやすくなります。

薬剤師転職サイトを比較 〜動物関連の求人も見つかる!〜

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 動物関連の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.