ペット用品店の薬剤師求人

動物関連薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> ペット用品店の薬剤師求人

ペット用品店の薬剤師求人

家庭でペットを飼っている人の数が近年増加傾向にあり、全世帯数のうちおよそ4割が犬もしくは猫を飼っているという統計もあります。これに伴い、ペット向けの健康食品やグッズなども数多く販売されており、こうしたペット用商品の市場規模は1兆円を超えているのです。そうした中でも特に注目されているのが「ペット向けの医療品」で、最近ではペット用品店だけでなく薬局やドラッグストアでも販売されています。では薬剤師の資格を持っている人がペット用品店で働こうと思う場合、求人情報を見つけるのは容易なのでしょうか。

ペット用品店の薬剤師求人は東京や横浜、大阪などの大都市圏で頻繁に見られています。また札幌や福岡など地方の大都市でも時折見つけることができます。ただしその他の都市ではあまり多くないのが現状です。採用形態は「正社員」が多く、給与は25万円から35万円、年収は400万円から500万円程度が一般的です。ボーナスは2カ月分から3カ月分程度が支給されるケースが多いようです。ただしペット用品店には週末に多くのお客が訪れるため、土日に休みを確保するのは容易ではない、ということも覚えておくとよいでしょう。一方「パート」として働く場合には、時給1500円から2000円程度が支給されます。パートの場合は資格手当が支給される場合とそうでない場合があるので事前に確認しておくと良いでしょう。

ペット用品店を訪れる人の大半は、飼っている動物のことを「自分の家族」として考えています。ですからペット用の薬を処方する薬剤師には調剤薬局で行われているのと同様の丁寧な服薬指導が求められます。投薬のタイミングや生じ得る副作用などに関して適切な説明を行い、質問には丁寧に答えることが大切です。「動物用の薬」という意識を持たずに業務遂行が可能な人が必要とされています。

大半のペット用品店は動物病院と提携しており、定期的に情報交換を行っています。そのため、もしお店を訪れた飼い主から相談を受けて、投薬だけでは回復が難しいと判断した場合は動物病院での診察を勧めることもあります。ただし飼い主の判断を常に優先しなければならない、ということを念頭に置いておきましょう。

「動物用調剤の専門家になりたい」という人はペット用品店での勤務をお勧めします。ただし、最近ではペット用品のラインナップを充実させた薬局やドラッグストアも増えてきているので、「ペット向けだけでなく一般向けの調剤も続けたい」という人はそちらの求人を探してみるのも良いでしょう。

薬剤師転職サイトを比較 〜動物関連の求人も見つかる!〜

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 動物関連の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.