動物用医薬品開発企業の薬剤師求人

動物関連薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 動物用医薬品開発企業の薬剤師求人

動物用医薬品開発企業の薬剤師求人

動物関連の薬剤師になるのには、動物病院や動物園に勤める以外にも、動物向けの医薬品を扱う会社に勤めるという方法もあります。動物向けの医薬品としては、たとえば犬や猫といった家庭用のペットのための医薬品があり、獣医師に処方される薬だったり、伝染病予防のためのワクチンだったりがほとんどです。また、ノミやダニを防ぐための薬品もペットには重要であり、犬や猫を飼っている人にはおなじみなのではないでしょうか。こうしたペット用品以外にも、需要が高いものとして畜産動物用の医薬品があります。たくさんの動物を一度に飼育する畜産では、伝染病は大敵ですので、その予防や治療は非常に大切です。こうした畜産動物向けの医薬品のほか、健康的に成長させるために飼料に混ぜて与えるサプリメントなども、動物向けの医薬品会社が扱っています。

このような動物向けの医薬品を扱う会社では、開発はもちろん、販売にも薬剤師が大きく関わっています。人間の医薬品と同様に、獣医師に営業に行くいわゆるMRとして働く薬剤師も多くいますし、卸売業者も医薬品の知識は必要ですので薬剤師を採用している場合は多いです。いずれにしても、最終的に使用するのが動物であるというだけで、基本的には人間用の医薬品を同じように薬剤師が関わっていくと思ってよいでしょう。

現在は動物向けとはいえ医薬品の販売には薬剤師が必要だとする法律になっているので、こうした医薬品の流通には薬剤師が欠かせなくなっているのです。医薬品に関する薬学的な知識はもちろん、言葉の通じない動物に上手く薬を飲ませるコツなど、動物の医薬品ならではの知識も必要とされる仕事です。

動物向けの医薬品会社で働く薬剤師の仕事として最も多くのは、販売職や卸売業者での仕事ですが、会社の数が限られているだけに、求人も決して多くはありません。しかも、卸売業者での仕事などは、実際に動物に接する機会は少ないので、人によっては動物と関わる時間の量という点で物足りなく感じる可能性もあります。

しかし、業界の求人自体が少ないため、まずはその業界に入ることが大切。働き始めれば意外なところで動物と接するチャンスがあるかもしれませんし、業界のつながりでより動物に近い職場に移動できるケースも期待できます。まずは薬剤師を専門とするリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師に登録して希望を伝え、動物向けの医薬品会社からの求人が出るのを待つのがおすすめです。もちろんその間も、動物の医薬品についての勉強をしておくと、よりプラスになるでしょう。

薬剤師転職サイトを比較 〜動物関連の求人も見つかる!〜

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 動物関連の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.