動物関連の薬剤師求人特集

動物関連の薬剤師転職を成功させるコツ

薬剤師で動物に関わる仕事があるのをご存知ですか?一般の求人に比べて数は少ないですが、動物病院や動物園、動物用の製薬会社などで薬剤師の求人募集がありますので、動物関連の仕事に興味のある薬剤師の方は転職を検討してみてはいかがでしょうか?

また、薬剤師の転職であれば「リクナビ薬剤師」のような専門の転職サービスの利用がオススメです。動物関連の求人のようなレア求人も保有しているケースも多々ありますので、まずは気になるエージェントに登録をすることから転職活動をスタートしましょう!

薬剤師転職サイトを比較 〜動物関連の求人も見つかる!〜

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細


ヤクステ 無料 全国 ★★★★ 詳細


ファルマスタッフ 無料 全国 ★★★★ 詳細


ペット好きの薬剤師の間で、動物に関われる職場が人気!

好きなことを仕事にしたいという人は多いでしょう。薬剤師においてももちろんそれは同じことで、最近増えているのが動物に関わる仕事に転職したいという薬剤師です。動物病院や、動物園などで実際に動物に触れあいながら仕事をする場合もありますし、動物のための医薬品を開発する企業などで仕事をする場合もあります。いずれにしても、動物のための薬剤師資格というのはありませんので、動物用に別の資格を取得する必要はありませんし、人間用の薬剤師資格で十分だというところが多いでしょう。

とはいえ、このような薬剤師を必要とする動物の施設や企業がそもそも少ないので、求人の絶対数としては決して多いとは言えません。しかも、ペットが好きで動物に関わる仕事がしたいという人はかなり多いので、競争率も高くなります。しかし、現在はペットブームで、家族のようにペットを可愛がる人も多く、不景気と言われる現在でもペット産業は安泰だといわれるほど。ペットの具合が悪ければ薬を求めるのが当然という風潮になっていますから、ペット向けの医薬品や薬剤師の需要は今後ますます増加すると考えられています。

実際に働くとなると、人間向けに学んだ医薬品の知識を応用することになりますが、実際には動物に処方する医薬品の量は人間とは全く違いますし、動物の種類によっては消化器官などの体の構造がかなり違うケースも多いので、戸惑うことも多いはずです。転職を目指すのであれば、ある程度動物の体の仕組みや、医薬品について勉強しておくことが大切でしょう。実際の職場には、動物向けの薬剤師が何人もいるというケースはあまりないでしょうから、先輩に聞くというよりは、事前に学習しておいたり、その都度調べたりするケースもでてきます。そういった点では人間の薬剤師よりも難しい点は多くなりますが、ペット好きの人にとってはやりがいのある職場だと言えそうです。

動物関連の薬剤師は、求人数としては少ないので、実際にはなかなか見つからないということがよくあります。少ない求人情報を確実に手に入れるためにも、転職サイトなどをチェックするだけでなく、薬剤師専門のリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師といった転職エージェントに登録して、未公開求人情報などにも目を配ることが必要でしょう。こうしたエージェントは、専任のアドバイザーが相談に乗ってくれるので、動物関連の仕事がしたいという希望を伝えておけば、求人があったときにいち早く連絡してもらえるというメリットがあります。


Copyright (C) 2014-2017 動物関連の薬剤師求人特集 All Rights Reserved.